ホーム » 建物の手帳 » 菊名物語 15 賃貸マーケットの今後 Ⅰ 


記事

菊名物語 15 賃貸マーケットの今後 Ⅰ 

カテゴリー:建物の手帳 

お蔭様でライフピュア菊名は4月2日に20室全室が募集完了しました。

無事に良い結果で迎えましたのは、このプロジェクトに関わりました全ての人々(お施主様も含む)のエネルギーが結集できた事が、成功に導いたポイントであります。

しかし、今日の賃貸業界の不況は深刻度を増して、客数の50%以上の減少と10%~20%の家賃の下落により、客付け業者のリストラも増えて来ました。

2年前位から、ファンド系[投資家から集めた資金で投資用新築マンションを購入して、高利回りを目標とし、更に買った価格より値段が上がったら、売却し利益を追求。]、投資用中古一棟マンション[築10年以上の物件が多く、無理に家賃を高くして高利回りを投資家にアピールして販売するマンション。]販売業者は高い家賃設定の為に長期間、空室が埋まりません。

利回りのダウンを避ける為には客付け業者に、優先的に案内と営業をしてもらう為、1ヶ月~3ヶ月の宣伝広告料を支払っています。