ホーム » 建物の手帳 » 菊名物語 8 建設会社の選定(その1)


記事

菊名物語 8 建設会社の選定(その1)

カテゴリー:建物の手帳 

5月中旬に着工するためには、建築確認手続きを早期に行うことが重要でしたが、同時に、建設会社の選定も非常に大事なことでした。

選定基準は①技術力、②経営の安定、③技術力に見合うコストの3点です。

菊名計画では、翌年の2月末に完成させる工事力(施工能力)も大事な選定基準の1つになり、1月中旬プラン決定時点では改正建築基準法の影響で、一斉に建築確認審査が終了して、建築ラッシュ目前の時でした。

そうなると、早く建設会社を決め、その会社の中でも腕の立つ人を、菊名の現場監督として確保する事が重要になりました。

設計事務所には大変、頑張ってもらい、大方の図面作成と構造計算を2月初旬にして頂き、建設会社7社に概算見積もりをお願いし、3月中旬の本入札は4社に絞込み、行いました。

今回、運が良かったのは、今日の不動産大不況(デベロッパーの倒産)が3月には顕在し出した時期にぶつかった事です。

その為、1月には建築ラッシュ目前のために、入札に参加したくても手一杯で、参加できなかった会社も参加して頂きました。

その結果、選定基準の3点を満たした建設会社に発注する事ができました。

選定基準の3点につき、このブログ上で説明する事は非常に難しい問題があります。

できる範囲て説明を致します。(続く)