ホーム » 建物の手帳 » 菊名物語 5 金融機関の選定(その1)


記事

菊名物語 5 金融機関の選定(その1)

カテゴリー:建物の手帳 

設計プランが決定し概算見積もり(正式の見積もりとは別に)入札も完了したので、金融機関の選定に入りました。

金融機関の入札条件は、①借り入れ期間20年以上、②全期間固定金利、追加担保ナシ、全額借入れ(全ての費用)です。

私が借入れ入札の時に②の全期間固定金利を特に厳守します。

その訳はリーマン・ブラザース破綻より半年前の時点で、世界金融恐慌が予測され、世界中の国々がインフレ政策を採る結果、マネーが世界中に溢れ、将来、大インフレ(もしかしたらハイパーインフレ)になる可能性大であり、早ければ5年後、金利が大きく上昇金利が1%上がると返済金が1割増える)し、返済計画が大きく狂ってしまうためです。

入札参加金融機関はお施主様取引のM銀行、K信用金庫、農協と他所から紹介のS銀行でした。

最後まであの手この手で営業されたK信用金庫は、②の全期間ができなく、10年固定が限界で残念な結果となりました。

将来を考えて、①~④の全てを満たしたS銀行に決定しました。