ホーム


最近の記事

時の鐘-上野

カテゴリー: 

◆花の雲 鐘は上野か 浅草か 門人の榎本其角(後、宝井其角と改名)が編んだ『続虚栗集-甲』(貞享四卯の年=1687年=刊)に載っている、松尾芭蕉、44歳の時の句です。 花の雲は季語。「花」は「桜の花」

芝増上寺の名鐘

カテゴリー:土地の手帳 

前回書いたように、「芝切通しの時の鐘」は、ほど近い増上寺からの奏上という形を取り、増上寺の鐘(延宝元年=1673年)を造った際の余材で造られました(延宝2年=1674年)。では、増上寺の鐘は何のため?

江戸「西久保八幡の時の鐘」

カテゴリー:建物の手帳 

江戸時代、時を知らせるため、官許の鐘撞堂が設置され、時刻毎に鐘を撞かれました。先に、江戸最初の時の鐘は「日本橋石町の時の鐘」と書きました。それが定説のようですが、もしかしたら間違いだった? &nbs

「石町の時の鐘」が現存する「十思公園」

カテゴリー:土地の手帳 

かつて日本橋本石町にあった時の鐘は、東に500メートル離れた十思(じっし)公園内に移され、保存されています。 「十思公園」って? 「じゅうし」でなく、「じっし」と読むのは、江戸っ子訛りか? ここは、江

石町の鐘のそばにあった薬問屋「長崎屋」

カテゴリー:建物の手帳 

石町の鐘はオランダまで聞こえ  かつて日本橋「石町の時の鐘」があったところの、道(鐘撞新道)を挟んだ南側に、幕府御用達で、唐人参(薬用人参)の江戸における独占販売権を持っていた薬種屋「長崎屋」があり

江戸で最初の「時の鐘」

カテゴリー:建物の手帳 

◆石町は江戸を寝せたり起こしたり    (川柳)    江戸で最初の時の鐘は、石町に置かれました。 ※石町(こくちょう):米穀やその他の穀物を売る者が多く居住していたことから、石町と呼称。後

小江戸・川越「時の鐘」--初お目見え、おどろきハウス・前田

カテゴリー:建物の手帳 

とざい、とうざーい。CCS・小森氏から依頼を受け、ここに「江戸」にまつわるお話(ブログ記事)を折々に、書かせていただくこととあいなりました。拙い雑文書きでございますので、ご期待に添えないどころか、お目

4コマ漫画で「家づくり」

カテゴリー:建物の手帳 

小森が一番最初に立ち上げたホームページが「家づくり救急隊」です。         このサイトは、 家づくりを考えている方々のお役に立てるよう、 たくさんのヒント

リノベーション03

カテゴリー:建物の手帳 

事例「ミルフィーユ富ヶ谷」 1994年2月完成の木造2階建て。2006年2月、外観だけでなく、内部の改装、設備機器などの変更も行い、新築同様に生まれ変わらせました。     &nb

リノベーション02

カテゴリー:建物の手帳 

リノベーション事例(1)「クレール」の続き ★リノベーションの対象 この事例(クレール)は、一棟まるごとリノベーションですから、外観やエントランス、エントランスから各戸までの通路といった共有部分だけで